キャッシング申込

キャッシング申込はインターネットを使えば来店不要で借入れのご契約をすることができます。

キャッシング申込をされる方のために信頼できる大手の金融機関をご案内。

キャッシング申込、急ぎの方はこちらがおすすめ!

アコム

アコムは大企業三菱UFJフィナンシャル・グループ内の一企業なので安心してキャッシングの申込ができます。

アコムの詳細

acom アコムの特徴は審査時間が早く、最低金利が低いという事です。 キャッシング申込み可能額が1~800万円と幅広く、使用用途に応じて幅広い金額を借りることが出来ます。 パソコンを使ったネットキャッシングは即日融資にも対応。

モビットカード

ここの特徴は、パソコンを使った顧客ごとの専用画面があることです。

モビットの詳細

mobit 専用画面でキャッシングの利用状況や返済履歴などの確認をすることが出来ます。 履歴確認が簡単にできるので、キャッシングサービスをよく使う方にオススメです。 (※すぐに融資を受けたい場合は、申込時間によってはお客様の希望融資時間に添えない事が有ります。)

申込は安心できる金融機関で

キャッシングはWEB申込で

キャッシングの申込は大手ならキャッシング会社のWEBサイトから依頼できます。

店頭に足を運ばなくてもキャッシング申込と審査を依頼できるので、パソコンを使って申込む様にしましょう。 実際の審査が行われるのは金融会社の営業時間内ですが、審査の申込はパソコンからなら24時間受け付けています。

普段忙しくて夜中しか時間が空いていない方でも気軽に申込みが出来ますし、万一、キャッシング審査に通らなかった場合でも店頭に行かないで申込できるので無駄足になってしまう事がないですからね。

近年のキャッシング事情

低金利化と貸金業者の激減 現在のキャッシングの起源は質屋にあると言われています。

質屋とは高額な着物や指輪などの装飾品を担保としてお金を貸し出す借入申込システムです。

申込をしてからある一定期間までの間にお金を返せば、担保として預けた品物は戻ってきます。

そのような物を担保とした貸金申込システムの質屋ですが、日本は戦後に高度経済成長に突入しました。 いわゆるGDP増加に伴う賃金の上昇です。

インフレなので物の価値も上がるのですが、それ以上に賃金が上昇をしたため、実質的には物の価値が下がってしまいました。 そうなると、質入れ申込をしても質入れした物を取り返す人が減ってきました。

質屋は借入申込後にお金を返さなかった人の担保品を売って現金にするのですが、物の価値が下げっているため担保品を売っても利益が出なくなり経営が成り立たなくなりました。 商売が成り立たなくなった質屋が鞍替えして始めたのがサラリーマン金融と言われています。

いわゆる会社勤めをしている人に無担保かつ保証人なしでお金を貸し出すキャッシング事業です。 サラ金と聞くと高利貸しのイメージがあるかもしれません。

事実、1980年代の前半まで法定の貸付上限金利は年率109.5%という今からは信じられないような高金利キャッシングでした。 その後、サラ金による自己破産が社会問題化して、法定の貸付上限金利は年々引き下げられていきました。

法によるキャッシングの規制により貸金業者数は1986年の47,504件をピークに年々減少を続け、2013年には2,241件までに減少をしました。 信じられない事ですが、現在のキャッシング業者数はピーク時の5%にも満たない数となっています。

これが何を意味するのかと言うと、現在の法定貸付上限金利は実質年率20%なので、お金の借り手にとっては低金利で借入の申込がしやすくなったのですが、キャッシング会社としては利益を出しづらくなり経営が厳しくなったことを意味します。

近年のキャッシング業者動向を見ると、借り手にとっては高金利で暴利をむさぼる金融業者が減ったというメリットがあるものの、貸し手業者(キャッシング会社)が減ったことにより、どこで借りるための申込をするかの選択肢が減り借りづらくなったとも言えます。

また2010年には総量規制というキャッシングによる借入金額の合計は年収の1/3までという法律も施行されました。 このキャッシング申込に関する法律により、お金を借りたくても貸してもらえないため苦しんでいる方も多いそうです。

例えば、個人事業主の方は短期の運営資金の調達申込で苦労をすることが多くなったそうです。

国の法律改定によりキャッシングの貸付金利が低くなったのはとても良い事ですが、これ以上キャッシング会社の数が減らない様にキャッシング申込しやすい環境づくりに配慮をしてもらいたいものです。

大手キャッシングの比較情報

ブランド名 実質年率 利用限度額 即日融資 審査時間 担保・保証人
アコム 3.0%~18.0% 1~800万円 30分 不要
モビットカード 3.0%~18.0% 1~800万円 30分(※1) 原則不要

※1:申込み曜日、時間帯によってはお取扱いは翌日以降となることがございます。
※2:プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス㈱の商標です。
※3:申込された時間帯によって、ご融資が当日中にできないことがございます。

海外での借入れ申込

海外旅行の際に現地通貨を手に入れる手段として、キャッシング申込をマスターカードやVISAカードなどのクレジットカード会社にして海外キャッシングをするという方法があります。 でも、全ての国が日本の様な近代化された先進国ではありません。 アジアでも発展途上国の場合は、ATMすら存在しないこともあります。 だから、海外キャッシングの申込をしたい方は、信販会社の公式サイトで、申込み前に行き先の国に使えるATMがあるかを事前にチェックしましょう。 また、仮に先進国だったとしても米国やオーストラリアの様に国土面積の広い国の場合は、キャッシングに利用できるATMがあっても、自分の旅先の土地からは距離がありすぎて使えないという事態もあり得ます。 日本は公共サービスや企業が提供するサービスが行き届いて、とても生活しやすい環境です。 ですが、同じことを海外で期待をしてしまうと失敗の元となってしまいます。 海外キャッシングの申込をした際も万一使えなかったことを想定しておいて、対応策をうった上で旅に出発した方が良いでしょう。

▲ このページの上部へ